地価が高くなるのが最大の注意点

生活の利便性を追求するのであれば、都会に注文住宅を建てるメリットは大きいでしょう。一方で都会ゆえのデメリットがある点も認識しておく必要があります。最も注意したいのは土地が高額なので、広い家を建てるとなれば費用が高額になることです。一般的に生活の利便性がよいと言われる土地ほど、地価が高額になる傾向があります。

周辺アクセスがよくスーパーや病院に気軽に行けるのは魅力ですが、家族がゆとりをもって暮らせる広さの注文住宅を建てるとなると、予算を大幅に超えてしまうケースが少なくありません。逆に予算を抑えて家が狭くなるようでは、プライバシーがなくなるなど別の悩みが発生してきます。特に予算に余裕がない場合は、都会に家を持つべきかよく考えてみる必要があるでしょう。

都会生活には相性の良し悪しがある

都会が好きという人もいれば、田舎が好きという人もいます。後者の人が都会に注文住宅を建てると、都会生活に疲弊するなどストレスが溜まってしまう可能性があります。都会は緑が少ない傾向があり、自然豊かな場所で生活したい人にとってストレスになりかねません。注文住宅づくりを考えている人は、まずは周辺エリアの賃貸物件を借りて住んでみるのがおすすめです。

それによりエリアとの相性が見えてくるため、それから注文住宅を建てるかどうか決めても遅くはありません。イメージと現実には隔たりがあるのが普通で、その隔たりを解消するには体験をするのが一番です。都会に注文住宅を建てようか考えている人は、騒音や空気の質などもチェックしておいてください。