田舎は注文住宅が建てやすい

注文住宅を建てる場所として、田舎は適しています。その理由の一つは土地が安いことです。都会の場合は土地が高く、豊富な予算がなければ住宅に適した土地を見つけるのが難しいことがあります。対照的に田舎だったら、土地の価格は1000万円以内に抑えることが可能で、残った分を住宅の建築費に回せます。

土地が安いのはメリットですが、利便性は考えなければなりません。利便性の低いところに土地を立てた場合は、生活がしにくくなることがあるので注意しましょう。例えば駅やバス停から離れた場所だったら、移動が不便になることもあります。生活必需品を買うための買い物も考慮に入れなければなりません。ただ車をお持ちの方だったら、多少不便なところでも生活できます。

田舎だったら自分の好みの家を建てやすい

田舎では自分の好みの注文住宅を建てやすいです。分かりやすい例としては、間取りの広い家です。安くて広い土地を買えば家も広くなり、ゆったりとした生活ができるでしょう。4人家族だったら3LDKの間取りが合っていると言われていますが、広い家を建てれば余裕のある間取りになるので収納などがしやすくなります。 生活するのに快適な注文住宅も田舎だったら、建てやすいです。例えば日当たりの良い土地を探してそこで大きな窓のある家を作れば、陽射しをふんだんに取り入れられる家になります。土地の値段が安いので、家の建築に多くのお金を使えます。広い窓のある家のような建築も可能です。注文住宅は自分の好みの家を作るものなので、それが実現する土地を探しましょう。